最もピルを使われている国

ピルというのは、女性が自分の身を守るために使われる経口避妊薬であり、計画的に28日周期で毎日飲み続けるものや21日飲んで7日休むという低用量のピルのほかにも、避妊に失敗してから服用する緊急避妊薬であるアフターピルがあります。
日本では、少しずつ低用量ピルが避妊薬として知られるようになっていますが、緊急避妊薬であるアフターピルは知らない人もおおいのです。
これらのピルは、計画的に妊娠を避けるものと、妊娠する可能性から回避するためのものに分けられます。しかしながら、共に海外のほかの先進国ではかなり普及しており、女性がピルケースを持ち歩くというのは、日常のことになります。
特にピル先進国といわれるEC諸国ではピルを使用している女性が21.6%で多いといわれており、2011年の国連の調査では、ドイツが52.6%以上の女性が、フランスでは41.5%、イギリスでは28%という結果が出ているのです。それに対して、日本では服用している女性がわずか5.5%であり、かなり遅れた状態にあります。そういったことに加え、正しい理解がされていない現状にあり、利用率が低い状況になっているのです。
低用量ピルに関しては、諸外国にならい、避妊以外のメリットがあることや、正しく使えば成功率が100%に近いものであること、体重増加や不妊といったことの原因になるなどの情報は正しくないことなどをしっかり理解して、使用していくようにするといいでしょう。
さらには、緊急避妊薬であるアフターピルに関しても、いざという時に女性の身を自分で守ることが出来るものとして、広く世の中に認知されるといいでしょう。今後のピルの普及に期待したいものです。